買物をしたあとのラーメンが美味いはず

深層身近のカウンターベンチで大バッグを真下に下ろし、手狭みたいにしながら席に座るM・Tに向かってN・Tが言った。
「とりあえず建物に起こるもので揃えりゃいいのに。第最初、そんなに持って行けんのか?」
昔からM・Tは何事も前倒しで動いてしまうせっかちなところがあった。
「それに、フィールド継続って方策もあるんだし」私も逸るM・Tを宥めようとする。
「最低限のセッティングは重要だろ。それに青梅は何も乏しい。お前陣だって今先刻見てきただろ?フィールドに着いてからじゃ鈍いってことも考えられる。お前陣こそ、あんな行き当たりばったりの心構えで大丈夫なのかよ」
M・Tの独立に引っかけるパッションは樹らとは比較にならないほど強かった。
「お……自分もまさかあすにでも行って来るかなあ、ホームセンター。念のために」
N・Tもまた、M・Tのひと言に突き動かされるところがあったようです。
「とにかく、支度あれば憂慮無しっていうしなあ」
 ホームセンターに行ってまで取りそろえなければならないものがあるのかまだ思い付かが、あたしはN・Tに差し向けるような口振りで言った。
「そうよ。大方にしてお前陣は行き当たりばったり越えるんだよ。昔から」
 M・Tが言うと、N・Tがふざけた表情をしながら、向かい側のベンチで口を尖らせていた。
 他愛の弱い演説でだらだら盛り上がれるのは今回で止めかもしれないと思いつつ、あたしは運ばれてきたばかりのラーメンを口で冷やしながら啜った。ミュゼ 背中 脱毛